中国製転がり軸受ユニット
28/110

- 21 -13. 軸受箱の強度13.1 ねずみ鋳鉄軸受箱の強度ねずみ鋳鉄は、鋳造性が優れ、完成品の良品率が高く、また、減衰性能と振動を吸収する性能にも優れているので、広く使用されている。一方、ねずみ鋳鉄は衝撃荷重に対して弱いという短所があるので、使用にあたっては負荷の大きさ、方向と性質などの要素を考えなければならない。ねずみ鋳鉄製軸受箱のピロー形軸受ユニット、角フランジ形軸受ユニット、ひしフランジ形軸受ユニット、テークアップ形軸受ユニット、高中心ピロー形軸受ユニットの静的な破壊強度を図7~図12に示している。軸受ユニットの許容負荷を選定する際、表25の安全率の考慮が必要。取付け方向を選ぶことで、軸受ユニットの特性を最大限に引き出すことができる。例えば、図6に示しているように、ピロー形軸受ユニットは下記の4種類の取付け方法があるが、荷重を受ける方向によって図7~図12に示すように静的破壊強度は異なる。下向き上向き軸方向横向き図6表25 ねずみ鋳鉄の安全率荷重の性質静的な負荷振動のある負荷衝撃のある負荷片方向双方向安全係数461015BACED軸受ユニットの呼び番号6000050000400003000020000100000P200A方向C方向B方向D方向E方向kgfピロー形軸受ユニットの静的な破壊強度P203P205P207P209P211P213P215P217600007000050000400003000020000100000PX00A方向C方向B方向D方向E方向kgfピロー形軸受ユニットの静的な破壊強度PX05PX07PX09PX11PX13PX15PX17PX20軸受ユニットの呼び番号140000160000120000100000800006000040000200000P300A方向C方向B方向D方向E方向kgfピロー形軸受ユニットの静的な破壊強度P305P308P311P314P317P320P324軸受ユニットの呼び番号図7

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る