中国製軸受総合カタログ
11/306

- 3 -1.1.3 自動調心玉軸受外輪の軌道面が球面になっており、調心性があるので、軸やハウジングのたわみや心ちがいなどにより生じる軸心の狂いは自動的に調整される。内輪テーパ穴の軸受はアダプタを用いることにより、軸への取付けが容易になる。●保持器一般的に鋼板打抜き、もみ抜き、樹脂保持器が使用されている。DB、DF組合せはラジアル荷重と両方向のアキシアル荷重を負荷できる。DT組合せは一方向の大きなアキシアル荷重を負荷できる。外輪正面外輪背面内輪背面内輪正面接触角作用点四点接触軸受内輪又は外輪が二つに分離しており、35°の接触角を持つ。内輪、外輪分離形の単列アンギュラ玉軸受である。1個の軸受で両方向のアキシアル荷重を負荷できる。接触角内輪合せ作用点外輪合せ1.1.4 円筒ころ軸受円筒状のころと軌道とが線接触しており、軸受のラジアル負荷能力が大きい。重荷重・衝撃荷重や高回転を伴う用途に適している。N形・NU形は軸に応じて移動することができる。熱膨張や取付誤差による軸とハウジングとの位置の変化に対応できるため、自由側の軸に最適である。NJ形・NF形は一方向の、NH・NUP形では両方向のある程度のアキシアル荷重を負荷できる。内輪および外輪を分離できるので、取り付け・取り外しが容易である。NN・NNU形はラジアル荷重に対する剛性が高いので、工作機械の主軸に使用されている。FC・FCD・FCDP形は比較的重いラジアル荷重を負荷できるため、主に圧延ロールに使用される。このような軸受は中型および大型モータ、発電機、内燃機関、ガスタービン、工作機械の主軸、減速機、荷下ろし、吊り上げ機やその他の産業用機械によく使用されている。単列円筒ころ軸受NU・N形円筒ころ軸受は、ハウジングに対してある程度までアキシアル方向に軸を移動することができるため、自由側の軸に最適である。NJ・NFP形円筒ころ軸受は、両方向のある程度のアキシアル荷重を負荷できる。Bテーパ穴の小端径(φd)テーパ穴の大端径(φd1)軸受幅呼び内径(φd)打抜き保持器

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る