中国製軸受総合カタログ
45/306

- 37 -表11.1 深溝玉軸受(円筒穴)ラジアル内部すきま単位:μm呼び内径d mmすきまC2標準(CN)C3C4C5を超え以下最小最大最小最大最小最大最小最大最小最大 2.5607213823----6100721382314292037101809318112518332545182401052013282036284824301115201328234130533040111620153328464064405011623183630514573506511582823433861559065801151030255146716510580100118123630585384751201001202201541366661979014012014022318484181711141051601401602231853469181130120180160180225206153102911471352001802002302571631171071631502302002252352585751401251951752652252502403095851601452252053002502802453510590170155245225340280315255401151001901752702453703153553604512511021019530027541035540037055145130240225340315460[備考] 測定すきまとして用いる場合、測定荷重によって生じるラジアルすきまの増加量を補正する、そのすきま補正量は次による。 なお、C2すきまのすきま補正量のうち、小さいほうは最小すきまに、大きいほうは最大すきまに適用する。単位:μm呼び内径d mm測定荷重すきまの補正量を超え以下(N){kgf}C2CNC3C4C5101)1824.5 2.53~4444418504954~5566650280147156~88999[注]1) 10mmは、この寸法区分に含まれる。表11.2 ミニアチュア・小径玉軸受ラジアル内部すきま単位:μmすきま記 号MC1MC2MC3MC4MC5MC6すきま最小最大最小最大最小最大最小最大最小最大最小最大053851081313202028[備考] 1.標準的な内部すきまはMC3である。 2.測定すきまとして用いる場合は、次に示す補正値を加える。単位:μmすきま記 号MC1MC2MC3MC4MC5MC6すきまの補正量111122なお、測定荷重は、次のとおりである。 ミニアチュア玉軸受の場合:2.5N{0.25kgf} 小径玉軸受の場合:4.4N{0.45kgf}

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る