スラスト玉軸受|中国製軸受総合カタログ
2/17

- 251 -■ 単式スラスト玉軸受 …………………………………………252■ 復式スラスト玉軸受 …………………………………………264スラスト玉軸受スラスト玉軸受●最小アキシアル荷重回転時にアキシアル荷重がきわめて小さく、軸方向の接触が弱い場合、遠心力による影響のため、鋼球が滑って軸受の通常回転を損なうおそれがある。このような問題を防止するため、スラスト玉軸受の使用時には、最小アキシアル荷重Fa minを負荷しなければならない。最小荷重の目安は次式で求められる。Fa min=───Coa1000ここで、Fa min:必要とされる最小荷重、kN Coa:基本静定格荷重、kN●許容傾き角平面座形スラスト玉軸受の2つの支持面は、傾けず平衡にすること。傾きは許容できない。●動等価荷重P=Fa [kN]●静等価荷重Po=Fa [kN]

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る