中国製転がり軸受ユニット
24/110

- 17 -軸受の内輪の広い側に120°間隔に止めねじが付いている。止めねじで軸を軸受に固定する。軸を取付ける際の締め付けトルクを下記の表に示す。10.1 止めねじ付きの軸受表22 止めねじの適性締め付けトルク呼び番号ねじ(mm)締め付けトルクN・m (max.)ねじ(in.)締め付けトルクlbf・in (max.)UC201-UC203(Sφ40)SB201-SB203M5×0.83.910-32UNF 32UC201-UC207UC305-UC306SB204-SB207M6×14.91/4-28UNF 43UC208-UC209UC307SB208-SB211M8×18.05/16-24UNF 70.5UC210-UC213M10×1.2516.83/8-24UNF148UC308-UC309SB212M10×1.2516.83/8-24UNF148UC214-UC218UC310-UC314M12×1.529.41/2-20UNF260UC315-UC316M14×1.534.39/16-18UNF300UC317-UC319M16×1.554.25/8-18UNF478UC320-UC324M18×1.558.05/8-18UNF496UC326-UC328M20×1.578.03/4-16UNF止めねじ付き軸受の取付け軸受が1)軸受が振動、2)軸受が相対移動、3)軸受の負荷が大きいまたは回転速度が速いという状態で作動する場合、図1-1に示すように、軸の止めねじの当たるところにやすりで溝をつけるか又は図1-2に示すように凹み加工してから締め付けることが望ましい。また軸受の軸方向に負荷が大きい場合、振動や衝撃が大きい場合には図1-3に示すように、軸は段付きとしてナットで軸の端をロックする必要がある。軸に止め溝を付ける軸に凹みを付ける軸にナット止め端面がある 図1-1 図1-2 図1-310. 軸受の取付けと固定

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る