ステンレス・亜鉛合金転がり軸受ユニット
4/24

- 3 -1. 構造と材質 材質1 玉軸受内外輪 SUS440C相当2 鋼球 SUS440C相当3 止めねじ SUS304相当4 軸受箱 SUS304相当5 グリースニップル SUS304相当6 保持器 SUS201相当7 スリンガ SUS201相当8 シール シリコンゴムステンレス玉軸受のグリースはFM222(Mobil)を使用している。運転温度範囲は-25℃~+170℃である。亜鉛合金玉軸受のグリースは一般的な工業グリースである、リチウム2号を使用している。運転温度範囲は-10℃~+130℃である。2. グリースニップルグリースニップルの形状は3タイプあり、特に指定がなければA類となるが、用途に応じて指定可能。HSdA類B類(45°)C類(90°)SHd90°Sd45°Hグリースニップルの種類と寸法について、詳しくは弊社の中国製転がり軸受ユニットカタログP.15参照。また、ニップル位置は左右45°、90°と変更可能である。3. シールシール構造はBタイプ(スリンガとシールの構造)とL3タイプ(スリンガと三重シールの構造)があるが、通常はBタイプである。シール(シリコンゴム)の運転温度範囲は-75℃~+170℃である。45°578261344B-type SealL3-type Seal

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る